バックグラウンド

2009年10月20日 (火)

第4回

前回はデンソーでのことを書きました。デンソーのメンバーや前から知ってくれてる方からコメントとかをもらってすごくありがたかったです。
みなさん!レオは香川で元気にやってますよnotehappy01

ということで・・・?今回はデンソーから香川に来るまでのお話を・・・。

この話を聞いたのは5ヶ月くらい前ですかねー。リーグも黒鷲も終わってシーズンの区切りのときでした。
シーズン後の長期オフの間ずっと悩んでいました・・・。
「前から見てくれていた」という今の監督のもとに行こうと決心するまでに本当にたくさん悩みました。

以前から交流のあるチームと言っても、愛知と香川・・・生活環境の違い・・・
知らないことが多すぎるのと、大好きなみんながいる愛知を離れることへの抵抗とで、私はほとんどデンソーに残るという答えを固めていたんです。

でもその後も何回か監督とお会いしたり、秋津先生やチームの先輩・同期・地元の友達にたくさん話を聞いてもらって「挑戦してみるのもいいんじゃないか?」と思い始めていた時にいちさんに、「一緒に香川に行かん?」と言われました!それから私は1日で決心したんです!!

何かを変えるってすごく勇気がいるんですよね。
でもその勇気で今までの自分より何倍も成長できるんですshine

根気強く同じ場所で、じっと我慢して頑張ることも大事ですが、時には変える勇気も必要なことを学ばせてもらいましたshine

悩んだ分、半端な気持ちでは来てないので、本当に上目指して頑張りますよuppunch

では!!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年10月14日 (水)

第3回

前回は恩師について書きましたが、今回はデンソー時代について書きたいと思います。

高校で進路を決めるときすごく悩みました・・・でも当時デンソーには合宿でよくお世話になっていて、先生も安心して送り出せるし、親も愛知なら近いし安心といろんな意見も重なってデンソーに行くことを決めました。

内定のときリーグを見に行ってスケールの大きさ、迫力、初めて間近で見る外国人選手のプレー・・・何もかもに圧倒した覚えがあります。

いざ入団してみてもやっぱり世界が違って、1日バレーという生活スタイルも寮生活も慣れるまでには戸惑うこともたくさんありました。

中でもトレーニング!!高校のときは何よりボール練習だったのが本格的なウエイトトレーニングから走り込み・・・毎日使ったことのない筋肉が痛くなってましたねcoldsweats01
でもその辛さを乗り越えた後の達成感を知ってしまったら頑張るしかないんですよね~catface

練習も辛くて泣きながらやってたこともありました。でも精神面ですごく鍛えられましたね!!

自分が高校のときに初めて見たトップ選手と憧れの舞台に立つのが夢でしたが・・・試合になかなか出れず、ずっともがいてましたね・・・
でも見てくれている人はいて、そんな自分でもいつも試合に来て声をかけてくれる・・・そんなあたたかいファンの方がいてくれたから頑張れていましたね。

チームは良いときも悪いときも経験しました。勝ち続けた時期、それが崩れて勝てない時期・・・どちらも自分にはいい経験でしたねshine
どっちもチームのために今何ができるかを真剣に考えた時期になったんでflair
1勝へのこだわりが強くなったし!!

デンソーは辛いときも楽しいときも絶対横にはメンバーがいて、たくさん壁にぶち当たりながらその度にみんなと成長してたくさん悩んだけどたくさん笑った3年間でしたnote

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2009年10月 8日 (木)

第2回

前回高校時代のことを書きましたが・・・今回は恩師について書きたいと思います。
中学から今までさまざまな指導者に出会いましたが、一番根気強く見てくれたのが高校のときの顧問「秋津先生」です。

先生は、第1回春高バレーの優勝チームのセッターです。そんなすごい先生が素人同然の私を誘いに遠い中学校まで足を運んでくれて、それから3年間厳しく指導してくれました。尊敬している先生だから厳しい練習にもついていけたし、辛くても3年間頑張れましたflair

3年のときキャプテンを任されました。
チームをまとめるのは難しく、悩むこともあり、その度に先輩キャプテンと自分を比べ落ち込んでいました・・・でもある日先生に呼ばれ、「いろんなやつがおるからチームなんや!」と言われました。「いろんなやつがおってそれぞれいろんな考えもっとるからおもしろいんや!」と。

先生も今まで何人もの生徒を見てきていろんな人を見ていること、それをまとめるのは難しくて当たり前なことを教えてもらい、すごく気持ちが楽になったし、やからこそみんなの考えを大事に自分らしいキャプテンになろうと思えましたshine

そうやって厳しくても、困っているときはいつも助けてくれる先生にすごく感謝しています。進路を決めるときも、移籍するときも時間を作って変わらず話を聞いてくれて、出した答えにはただ背中を押してくれました。

普段は優しくバレー部以外の生徒にも慕われる先生のことが私は大好きですheartconfident
そんな先生に指導してもらえたことが私の誇りですshine
いつも応援してくれてる先生のためにも頑張ります!!

ちなみに先生と私・・・同じ誕生日なんですhappy02すごくないですか?笑
ではではこのへんでpaper

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年10月 5日 (月)

第1回

今日から自己紹介を兼ねて香川に来るまでの経緯を書きたいと思います。

まず第1回の今日は高校時代のことを。
前にも書きましたが、私は無名の中学から県ナンバーワンの津商業高校に入学しました。実家を離れて下宿生活の始まりです。

県ナンバーワンのチームの練習は本当にきつかったです。練習量や密度の濃さなど・・・まず中学と高校の差をまじまじと感じた瞬間でした。
当時、バレーボーラーなら誰もが目指す春高やコーチングキャラバンでテレビでも見たことのある先輩たちとの練習は緊張もしたし、何より学ぶことがいっぱいでしたshine

レシーブの時、結果も大事やけどボールに向かっていく姿勢の大切さshine
津商のモットー「全力」で練習に取り組む姿勢shineそのすごさは本当に鳥肌が立つほどでした!!
練習中は厳しい先生も先輩も普段は本当に優しくて、何より「チームワーク」がいいチームでしたね!!私は本当に昔からメンバーに恵まれてましたheart02

同級生は9人。しんどいときを一緒に乗り越えてきた存在は今でも本当に大切な仲間ですconfidentみんなそれぞれ悩みはあったけど、3年間でみんなすごく成長できたはずです。
香川に来るときもみんな背中を押してくれました。

下宿生活は大変なこともあったけど楽しかったですnote
私立と違って寮とかがないので、当時はOGさんの知り合いの方から平屋の一軒家を借りて3年生の先輩と同い年の子と3人で生活していました。
もちろん自炊やし、身の回りのことも全て自分たち・・・
みんなは疲れて帰ってもごはんが用意されてるし洗濯もお母さんがやってくれる・・・なんて考えてしまったり。
毎日続くとなったらやっぱり大変でしたが、でも!OGの方の家族のみなさんやいろんな人に助けてもらって毎日頑張ってましたね~catface

中でも3年間一緒だった「まなてぃ」は今でも家族同然で、なんかあったらすぐ報告してます!!今でも毎日メールするくらいheart
そんな貴重な経験もさせてもらったし、かけがえのない人に出会えたし・・・shine私の高校3年間は本当に「青春」でしたね!!

辛いこともみんながいたから乗り越えてこれたし・・・本当に成長させてもらいましたconfidentshine
まだまだ書き足りないんですがちょっと長くなったので今日はこのへんでpaper

| | コメント (2) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

88's | care | ダイアリー | バックグラウンド | 幼稚園♪